サンプルページ

頭痛薬は病院で処方してもらいましょう

Posted by on 10:35 AM in 処方薬 | コメントは受け付けていません。

頭痛がひどいと仕事が手につかなかったりしてしまうので、つい頭痛薬を飲んでしまうことがありませんか。頻繁に頭痛が起こりそのたびに頭痛薬を飲んでしまうという人もいるのではないでしょうか。頭痛薬が効いてきて頭がすっきりしてくると何ともいえない開放感もあります。しかし、頭痛薬を飲みすぎてしまったら、かえって体に害を及ぼすことになってしまいます。頭痛薬を長い期間服用することによって副作用として起こる頭痛は、薬物乱用頭痛と呼ばれているそうです。また、頭痛薬が原因となり、喘息を誘発してしまうこともあるそうです。市販の頭痛薬を飲み続けることは恐ろしいことなので、病院に行って頭痛薬を処方してもらうほうが良いようです。病院で処方してくれる頭痛薬には、頭痛が起こりにくくなる予防のための成分も入っているそうです。また、偏頭痛のための頭痛薬もあり、これも病院に行けば処方してもらえるそうです。薬は正しく飲むようにしましょう。

病院で処方してくれるダイエットのための薬

Posted by on 10:34 AM in 処方薬 | コメントは受け付けていません。

最近は、インターネットなどでダイエットのために痩せる薬が多く販売されているようです。しかしこのような薬の中には、成分がはっきりしないような薬もあるようです。ダイエットのための痩せる薬は、病院でも処方してもらうことができるそうです。しかし、見た目が痩せていて、さらにきれいになりたいので痩せたい、というような人は処方してもらうことができません。痩せなければ健康上問題があるという人だけダイエットのための薬を処方してもらうことができるそうです。病院で処方される痩せるための薬には、下剤が含まれていることや利尿剤が処方されることがあるそうです。また、食欲を抑制させる効果がある薬が処方されることもあるそうです。肥満の人は、1日3食では物足りず、1日に何食もとってしまうことがあるそうです。これをおさえるために食欲抑制の薬が処方されるようです。薬には副作用があるものもありますし、アレルギーを起こすものもあります。医師の説明をよく聞き正しく飲むようにしましょう。

薬の処方日数に上限はあるのか

Posted by on 10:33 AM in 処方薬 | コメントは受け付けていません。

定期的に薬を飲まなければいけない病気にかかってしまうと薬をもらいに行くだけでも大変ですよね。仕事をしていると特に病院や薬局が開いている時間に行くことができないという人も多いのではないでしょうか。少しでも長く薬を処方してもらうことができないのでしょうか。平成14年から一部の薬を除いて処方日数に上限がなくなったそうです。そのため、医師の判断で原則的には、日数の制限はなく、長期の処方が可能になっているそうです。長期処方ができるようになったと言っても、病状や副作用などを考慮して、1ヶ月か長くても2ヶ月という処方が多いそうです。処方に上限がある薬としては、発売されて1年以内の薬は、14日分が限度になるそうです。また、向精神剤や麻薬などの薬は、薬剤によっても異なりますが。14日、30日、90日分が限度となっているそうです。長期で処方をしてもらいたいならば、一度担当の医師に相談してみるのもいいかもしれませんね。

薬 処方は用法、容量をきちんと守る

Posted by on 10:32 AM in 処方薬 | コメントは受け付けていません。

 病院で頂く薬 処方は、市販の薬よりも効果が高く、その人の症状や診断ごとに、医師の先生が決めた種類、量、服薬方法で服するよう、決められています。さらに、処方箋を提出し、薬を調合してもらう調剤薬局では、薬剤師さんが薬の服し方から、その薬の副作用まで、きちんと説明をして下さいます。つまり、それだけ、しっかりと用法、容量を守らなければならないということです。これを、服薬コンプライアンスと呼んだりします。
 薬を自宅に持ち帰ったのはいいけれど、症状が重いうちは治癒を目指して一生懸命服するのですが、だんだんと治ってきたり、身体の調子がよくなってくると、すぐに服するのを辞めてしまう方がいらっしゃいます。ですが、これは避けて、容量分はきちんと飲むことをお勧めします。確かに人の身体には自然治癒力もあり、薬はそれを効果的に手助けするものでもあるのですが、治癒の寸前で薬 処方の服薬を辞めてしまい、病気がぶり返し、さらに悪化してしまった、という事態になると、後悔すると思います。

薬の処方箋を書いてもらうときに

Posted by on 10:32 AM in 処方薬 | コメントは受け付けていません。

お医者様に行くと、たいていの場合、診察後に薬の処方箋を書いてもらいますよね。その際、とくにこちらが何も言わなければ、新薬が処方されるわけですが、「ジェネリックにしてください。」と希望すれば、少々お安いジェネリック薬品にしてもらうことができると聞きます。が、「ジェネリックにしてください。」と言ってみたことのある方は、はたしてどのくらいいるのでしょう。というのも、私自身が、「どのくらい安くなるものかわからないけれど、とりあえず言ってみたい。」と思いつつ、なかなか言い出せずに今に至っているからです。
ためしに私の主人が、単純な好奇心で「ジェネリックは希望できますか。」と聞いてみたことがあるらしいのですが、そのときのお医者様は、えっという表情をし、「今までどなたも希望していませんが、本当にそうしますか。」と逆に確認されたそうです。ジェネリックについて、テレビコマーシャルでたくさん流れていますが、いまひとつ現場に浸透していないのではないでしょうか。